人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である by ウィリー = ガロン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by モン
 
[スポンサー広告
後でメイキングを見よう
久しぶりに

映画見た。


DEEP BLUEというやつ。


前々からフェイト先生が気にしてて話を聞いてみるだけで興味をそそられていた。
映画館で見てみたいなぁとか思ってたんだが相変わらずの事で見に行けず。

今回、弟がDVD買って来ていたので見ることに。


ドキュメンタリー物である程度はおもしろいだろうと思っていたのだが、やっぱりおもしろく。


なんというか陸・海・宇宙にはそれぞれの世界があってその一つの海の世界というものを見れた。
そこには陸と同じようにいろいろな事があり、いろいろな感情も見てとれた。
知らないことだらけなんだが、どこか近しい雰囲気も併せ持つ海の世界がとてもおもしろく、あっという間の90分だった。


見所はやっぱりその世界を撮影したという事実かなぁ。
想像を絶する広さを持つ海でほんの一欠けらで行われたシーンを撮影する労力。撮影に7年間かかったのも当たり前なんだろうなぁ。


こういう時間をたっぷりかけて作る物って映画に限らずその道中で価値観や流行が代わってしまいがちで作るのって物凄く大変。
でも、この映画が撮りたかったものは今までにも何千年と繰り返された事実をそのままとして伝えるということなのでまったく古臭さもなく、圧倒的な世界をまざまざと見せ付けてくれた。



いやー、久しぶりに驚嘆したっていう感想がぴったりな映画だった。
万人にオススメ。特にまだ見てないフェイト先生にw
Posted by モン
comment:0   trackback:0
[映画
comment
comment posting














 

trackback URL
http://monr.blog3.fc2.com/tb.php/81-4c374313
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。