人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である by ウィリー = ガロン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by モン
 
[スポンサー広告
今更、さくらんぼを聴いてる
編集王を読んだ


かなり前にさわりだけ読んだことあったのだがいつかまとめて読みたかったので今回読むことにした。
よくできてる漫画だなーというのが感想。

これ見て勘違いする人もいるかもしんないが前提としてこの漫画はフィクションだっていうことがあって、それを踏まえた上でこの漫画はおもしろいと思う。
リアルだとは思わない(いあ、モデルはいるんだろうが)けど、そういうこととは関係なしにおもしろい。

個人的には明治編が一番おもろかったなぁ。
マンボ編と編集長編も良かったけど。


どっかで見たが大槻ケンヂが「この漫画は逆マンガ道だ」って書いてたけど、うむ、納得。
インターネットやらオタク文化やらでさらに凄いことになってる今の編集を書いた続編が見たいなぁ。


そういえばドラマ化されててカンパチを原田泰造がやってたらしい。なかなかハマリ役だと思うし見たかったなぁ。


あ、アトラン大会は優勝できましたヽ(´ー`)ノ
あんまり仕事できなかったけど結果オーライ。決勝はスカンクさんのおかげです。
やはりチーム名の「ムームーダンスFC」が良かったんだなと自己分析。
Posted by モン
comment:0   trackback:0
[漫画
comment
comment posting














 

trackback URL
http://monr.blog3.fc2.com/tb.php/58-c1f28365
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。