人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である by ウィリー = ガロン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by モン
 
[スポンサー広告
スカンクさんおかえりなさい(・∀・)
ゲームセンターCXを見てみる。


今回は「高橋名人の冒険島」
小学生の頃にやったなぁ。すげームズいという印象が強かったけど。
感想はネタバレになるので書かないけど、う~ん、違う意味でおもろかったなw

今回の放送でポケットザウルスというFCのソフトが紹介されてたんだけど、なんでかしらんが小さいときはハマった覚えがある。
有名でも特別におもしろいわけじゃなかったんだけど、なぜか印象深いソフトだった。
まぁ、小さいときによくあった「自分で買ったソフト」ではなかったんだけどなw もはや、誰のものだったのかも覚えてねーや。


ちょっと自分のゲーム史みたいにな話になるがオレの初めてのゲームは間違いなくFCで、その当時は抱き合わせ販売がまだ主流だった。
本体に付いてきたのは「キン肉マン マッスルタッグマッチ」と「ゲゲゲの鬼太郎」今、考えてもこれはかなり絶妙のカップリングだったよなぁ。

当時の人気マンガ・アニメであった物が題材で一つは対戦できて、一つは一人用。
二つとも毎日プレイしてた。
その後はソフトも増え続けてなんだかんだで100本近く持ってた気がする。
自分で買った(て)ソフトは半分あったかなかったか・・・

そういうのもあってソフトに自分の名前を書くなんていうのがあったけど、今の子供達はどうなんだろーとか思ってたら、この前、親戚の子が自分のゲームボーイやらソフトやらに名前書いてあったのを見て、「あ~、変わってねーんだな」と思った。


その後はSFCに時代は移るんだけど、オレはSFCの全盛期にはあんまりゲームに興味なくて、ドラクエとかFFなどの大作ソフト以外はそれほどプレイしてなかった。
まぁ、ゲームは好きだったけどそれ以上に習っていた柔道やら友達と遊ぶことが楽しかった。


んで、中学2年くらいまでそんな感じだったんだけど、そこで次世代機が台頭してきて、いろいろあって金も持っていたオレはPSのFF7にどハマりした。
あん時は本当にやばくて、学校もろくに行かずにず~~~~っとFF7。同時期くらいにエヴァにハマって、「あぁ~~」って感じに(・∀・)


その頃にはゲームの楽しみ方っていうのも小学生の頃とはまた違うものになってて、それが今のゲームに対する考え方の根本になってる。


その後は中学3年くらいから格闘ゲームにハマって、20歳くらいでVF4に出会うと。


これからゲームとの関わりはどうなるんかなぁ?とか考えることもあるけど、自分がクリエイティブな感性がないことは理解しているので、あくまで受け手としての楽しみ方になる。
その楽しみ方にも幅が出てきて、これからもそれが広がっていければ、ゲームとはずっと付き合っていけるんじゃないかなぁと思ったことを書いてみたりした。



ゲーム脳マンセーヽ(´ー`)ノ
Posted by モン
comment:4   trackback:0
[日常
comment
ただいま!「横須賀はやっぱいいね!」って言っても誰も相手にしてくれないほど横須賀にいる方が多かった一人暮らしだったけど、「おかえり」とか言われると泣きそう。ってまったく関係ないんだけど次のアトランのVFR組まない?
2005/11/20 07:30 | URL | edit posted by スカンク
来年からはクーデレで行こうと思ってましたので、良かった良かったヾ(・ω・)ゞ
次のアトランはふつつか者ですがよろしくお願いします。

でも、ジャッキーで出るのは止めてください(・∀・)
2005/11/20 20:16 | URL | edit posted by モン
スカンクは次、晶で出るはずですよ(・∀・)
2005/11/21 09:36 | URL | edit posted by はろ
晶は(・∀・)カエレ!!
2005/11/22 00:12 | URL | edit posted by モン
comment posting














 

trackback URL
http://monr.blog3.fc2.com/tb.php/112-83f44f92
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。