人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である by ウィリー = ガロン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by モン
 
[スポンサー広告
防音

なるほど

先日、いぬじにと対戦しまして。
まぁ、フルボッコな目にあったんですが、それの対策をいろいろと考えてたんですよ。
そしたらいぬじにが「モンちゃんはいろいろ考えるのがよくない」って言ったんですよ。


その時は「考えてゲームするからおもしろいんじゃね?」と反論したんですけど、後々になって考えてみれば昔はここまでフレーム重視してなかったし、相手のこの技がここでくるからこうしようっていうVFの考え方をしていた・・・はず。


具体的に言うとブレイズの1P+Kなんですけど、フレームで対策考えるとどうしても行き詰る。
確かにRになってそういう技が増えたのは事実なんですけど、それをそのまま放置して負け続けるのを納得できるほど冷めてないんで。

んで、出した結論なんですが。

人読みするしかない。
というシンプルかつ当たり前のことで。

キャラのせいにもシステムのせいにもまだしたくないんで、いろいろ頑張っていきます。












VSスカンク


以前書いたフルボッコにされた後日の動画。
まだやりたかった事が全然できてないなー

最終ラウンドのラストは出した瞬間は「やべ!膝がくる」と思ったんだけどねw
スポンサーサイト
Posted by モン
comment:3   trackback:0
[VF動画
以下メモ

ジャンの33PKはガードされて-7。

以下は某ブログからのコピペ。

>>まず最初にこの技の派生Kはぶっぱ厳禁です。
1発目を避けられていた場合に2発目を入れ込んでいると側面崩れや膝などで浮かされてしまいます。また2発目のみを避けられても肘確になります。そしてガードされた場合の不利が-7

重要。

>>1発目をガードした時点で相手は避けしゃがみダッシュで派生Kも派生Pも対処できるからです

超重要。



結論としては中距離ではジャン相手に迂闊に手を出さずに避けキャンorロウを置いておこう。
後はダッシュ2Pをもっと意識。






というわけでスカンクジャンにフルボッコにされたので対策を考えておきます。

細かいとこで言うと避けた後も派生が豊富なゲームなんで意識してGを押さないように。
これで相手が派生を出し切っていたらあさっての方向にいくんでそこを狩る。



ジャン対策としては関係ないんだけど、どうしても投げ抜け後に投げに行く勇気が出ない。
ほとんど3P安定になってるんで投げにいかないとなぁ。

3Pのヒット確認ももっと意識していけば展開が違うはず。
カウンター確認しての攻めを磨こう。そうしないと3Pにプレッシャーがかからない。



小ネタとしては3P+Kをガードされた後のBD466Pが強いっぽい。
少なくともウルフではその場から二択にいける打撃がほとんどなかった。
ミドルすらスカったけど膝とかどうなんだろ・・・
エサとしての3P+Kはいいかもね。中段だし。












VSもろいそ(アキラ)

恐らくRになって横須賀で一番強くなったアキラ。
継続は力なり。やり込みは偉大。
関係ないけど、このステージが嫌いなのってオレだけ?相手キャラ問わず。
なんか雑になるんだよねぇ・・・
Posted by モン
comment:4   trackback:0
[VF動画
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。