人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である by ウィリー = ガロン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by モン
 
[スポンサー広告
ネタバレなし
最近のGANTZの展開が

神すぎるほどおもしろい。

師匠や和泉が出てくるあたりから熱心には読まなくなったんだけど、ちゃんと読み返したらおもしれー( ^ω^)
ここ最近は少年漫画のノリが丸出しなんだけど、展開の読ませなさ具合が最高におもしろい。


作者インタビューによると今までに誰もやったことがない事をやるというのにこだわってるらしいので、これからも展開には期待してよさそうだな。
主要キャラアボーンは前にやってるし、今のキャラもだいぶ確立されてきた。でも、だからこそこれからどーすんだろねw


アキラや黒服との対決、現実とミッションの境目が不安定になってるとか、やばいくらいに複線が残ってるので楽しみ。
ちゃんと終わらせる気はあるみたいなので、描ききってくれることを楽しみに読んでいこう。


最近はGANTZとRINが週間雑誌ではおもしろい。
どちらも先が読めなくて、読んでる最中からドキワクしてくる。
スポンサーサイト
Posted by モン
comment:2   trackback:0
[漫画
この日は雅の投げ抜け能力が神だった
ここ最近

VFの話がなかったのはVFほとんどやれてなかったからです。
というわけで昨日、久しぶりにアトラン行ってきたのでそのお話。


着いて早々にうるさい君のラウとオレのじじいで強者戦。
貯金があったのでアッサリとオレのじじいが猛者にヽ(・∀・)ノ
じじいはFTになってまったく楽しくなくなったので、封印してたんですけど、BDチョーワンに頼らず、6PPK、コーソクコウヒを使うようになって楽しさがわかってきた。
でも、勝っても自分の力で勝った気がいまいちしないので、サブ戦をまったり楽しむくらいで良いな。


ウルフは適当にやってたらうるさい君のジャッキーにボコられた。
ジャッキー戦をもっと煮詰めないと駄目だなーと前々から感じてたのがモロに出た感じ。


ジャッキー戦っていまだにどー二択をかけたらいいのかわからん。
全てにおいてバランスが良すぎるわぁ、あのキャラ。


ジャッキー戦はもっとロウやら2P、2K使って丁寧に戦わないとかなりキツいなぁ。
ヒジ後の選択肢は大分できてきたと思うんだけど、それ以外がまだまだすぎるわ。
個人的にはカゲより苦手だな。


ダウンさせた技にもよるんだろうけど、ジャッキー戦は受身攻めがホントにしにくい。
フックのわけわんらない判定や、SSでの逃げ、避けキャン33K。
まとめに受身攻めに行く気が起きない。
どーしたもんかなぁ。せめてウルフの膝がSSに当たれば腹崩れになってくれればいいんだけど。
でも、ここでアドバンテージとんないでいつ取るんだ?って気もするし、もうちょっと考えて攻めよう。



ウルフの話で言えば、ヒデオと8の新作ムービーをほぼ同時期に見たんだけど、凄いおもしろかったなぁ。
二人ともプレイは対照的なんだけど、二人が目指すベクトルの最先端を突っ走ったプレイだった。
もっとこの二人のプレイは見てみたいわぁ。つか、一日見てても飽きないわ。


というわけで、うるさいジャッキーは近いうちに土下座させたる。というお話でした。
Posted by モン
comment:5   trackback:0
[VF
スカンクさんおかえりなさい(・∀・)
ゲームセンターCXを見てみる。


今回は「高橋名人の冒険島」
小学生の頃にやったなぁ。すげームズいという印象が強かったけど。
感想はネタバレになるので書かないけど、う~ん、違う意味でおもろかったなw

今回の放送でポケットザウルスというFCのソフトが紹介されてたんだけど、なんでかしらんが小さいときはハマった覚えがある。
有名でも特別におもしろいわけじゃなかったんだけど、なぜか印象深いソフトだった。
まぁ、小さいときによくあった「自分で買ったソフト」ではなかったんだけどなw もはや、誰のものだったのかも覚えてねーや。


ちょっと自分のゲーム史みたいにな話になるがオレの初めてのゲームは間違いなくFCで、その当時は抱き合わせ販売がまだ主流だった。
本体に付いてきたのは「キン肉マン マッスルタッグマッチ」と「ゲゲゲの鬼太郎」今、考えてもこれはかなり絶妙のカップリングだったよなぁ。

当時の人気マンガ・アニメであった物が題材で一つは対戦できて、一つは一人用。
二つとも毎日プレイしてた。
その後はソフトも増え続けてなんだかんだで100本近く持ってた気がする。
自分で買った(て)ソフトは半分あったかなかったか・・・

そういうのもあってソフトに自分の名前を書くなんていうのがあったけど、今の子供達はどうなんだろーとか思ってたら、この前、親戚の子が自分のゲームボーイやらソフトやらに名前書いてあったのを見て、「あ~、変わってねーんだな」と思った。


その後はSFCに時代は移るんだけど、オレはSFCの全盛期にはあんまりゲームに興味なくて、ドラクエとかFFなどの大作ソフト以外はそれほどプレイしてなかった。
まぁ、ゲームは好きだったけどそれ以上に習っていた柔道やら友達と遊ぶことが楽しかった。


んで、中学2年くらいまでそんな感じだったんだけど、そこで次世代機が台頭してきて、いろいろあって金も持っていたオレはPSのFF7にどハマりした。
あん時は本当にやばくて、学校もろくに行かずにず~~~~っとFF7。同時期くらいにエヴァにハマって、「あぁ~~」って感じに(・∀・)


その頃にはゲームの楽しみ方っていうのも小学生の頃とはまた違うものになってて、それが今のゲームに対する考え方の根本になってる。


その後は中学3年くらいから格闘ゲームにハマって、20歳くらいでVF4に出会うと。


これからゲームとの関わりはどうなるんかなぁ?とか考えることもあるけど、自分がクリエイティブな感性がないことは理解しているので、あくまで受け手としての楽しみ方になる。
その楽しみ方にも幅が出てきて、これからもそれが広がっていければ、ゲームとはずっと付き合っていけるんじゃないかなぁと思ったことを書いてみたりした。



ゲーム脳マンセーヽ(´ー`)ノ
Posted by モン
comment:4   trackback:0
[日常
投下
どーも、お久しぶりでありんす。

すっかり放置ってしまったわけですがボクは元気です。
ファンのみんなは心配しないでね☆(ゝω・)v

ちょっと放置したらVF.NETの課金も切れてしまって、ウェブマネーを買いにいくのもメンドくさくってそのまま放置。
VFもやりたいがなんというかやりたい!ってやる気にはなれず、なったと思えば車が出せないとかでアトラン行けない。
なかなかにムズかしい問題ですな。


とりあえずお前らはヤンマガのRINを読んでください。お願いします。とてもおもしろいです。
ついでにバキもまだまだおもしろいと思います。




あ~、誰か日記を書く罰ゲームやろうぜヽ(`Д´)ノ
Posted by モン
comment:5   trackback:0
[日常
さて、寝よう
コピペで悪い。

VF5情報。
ガセではなくセガ プライベートショーでの発表らしいです。


----------------------------
最後は「バーチャファイター5」です。こちらは「アフターバーナー」とは打って変わって、システム面での紹介がかなり行われました。

 まずはコスチュームの追加です。以前までは1Pバージョン、2Pバージョンと2種類しかなかったコスチュームが全4種類となりました。また、アイテムの取り付け部位も5倍以上になっています。着脱箇所の増加で、より個性的なスタイルを出す事が可能です。

 次はライブモニターを使用した「VF.TV(ブイエフティービー)」です。その名の通り「バーチャファイター5」のテレビ番組です。ナムコの「鉄拳5」で使用されたライブモニターを使用したサービスです。

 上位ランク者同士の戦いを全国ネットで放送します。しかも「お手並み拝見」でもお馴染みの「斎藤淳」さんと「深見成秀」さんの解説付きです。紹介されていた「VF.TV」番組の映像にはSEGA-AM2の「片桐大智」さんのインタビュー映像が流れていました。

 映像には「VF.TV」の番組表もあり、本格的でした。番組にも店舗番組、エリア番組、全国番組があるようですが、内容の違いに関しては確認出来ませんでした。
---------------------------




やべー!VF5やべー!
これじゃあモニター強制買取っぽいけど・・・


なんにしろ楽しみだ。
Posted by モン
comment:0   trackback:0
[VF
お先に心機一転
というわけでHDがアボーンしました。

皆様も気をつけましょう。
大事な思い出のファイルpriceless。


今まであったファイルをまた一から構築するのもアレなんで、また新たにニューモンPCを構築中。


そんな中で見つけたソフト。
PeerCastに早速ハマる俺様。


PeerCastってなに?って人はこちら

ポートあけるのがちょっとアレだけど、基本的に簡単なんで暇な人は導入するとよろし。
主にネットとかなにかを作業中に起動しておくと楽しい。


こんな感じ


リンク先はDBGTだけど、他にもいろいろとある。
純粋に個人ラジオだけもあるらしい。オレのオススメはゲーム関係。


おもしろいのが配信方法にもいろいろあって、ただゲーム画面だけを垂れ流すのもあるし、自分の超絶プレイをみんなに見てもらったりするのもある。
オレがツボったのは(自称)ゲイの人がFF3.5っていうフリーゲームをやるっていうもの。
なんでおもしろいかっていうとそのプレイしている人の声がリアルタイムに聞こえてくるから。
その人のプレイっぷりやしゃべりっぷりを2chの実況板で実況したり、それを見てリアルタイムにプレイヤーが答えたり。
なんか新しいメディアだなーって気がした。


ちなみにFF3.5っていうゲーム自体にも興味がわいた。
ググったら、わかったが、これね。
見ていてわかったが、音楽が歴代のスクウェア系とかマジあちぃ。
ゲームバランスも厳しすぎず、やさしすぎずっぽくて(・∀・)イイ!!
欠点はまだ完成していないってことかw でも、相当にできてるらしいのでよかったらプレイしてみると良い。


話がズレたがPeerCast。
個人でできる新しいメディアって感じがしてかなりおもしろい。
リネ2配信してる人もいたりして、かなりよかった。
後は画像撮り忘れたんだけど、ダースベイダーの格好(リアルで)して、それをゲーム画面とカメラを駆使して二画面で配信。しかも、ゲームが剣神ドラゴンクエストみたいで傍目にも疲れているのが見え見えでかなりバカらしくておもしろかった。

他にもただベッドで寝ながら読書をしている動画を配信とかVIP臭いものもあって、しかもそれを100人以上が見ているとかもあった。



というわけで当たったときめもオンラインまでPeerCastで十分に楽しめそうだ。

 more...

Posted by モン
comment:0   trackback:0
[日常
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。