人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である by ウィリー = ガロン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by モン
 
[スポンサー広告
二本目
茶の味

見ました。
監督が「PARTY7」や「鮫肌男と桃尻女」の石井克人。
どっちの作品も好きだったので久しぶりの新作であるこの映画もずっと見たかった。


いやぁ、いいわぁ。
ストーリーらしいストーリーって特になくて家族のみんな一人一人の日常が淡々と語られていてそれがストーリー。
核となるものがないんだけどそれがおもしろかった。

所々に石井克人らしいユーモアもあってそれも良かった。
まぁ、この点は前二作にはちょっと及んでなかったんだけどね。
それでも、「山よ」とか良くて笑わしてもらった。


見ててなにかに似てるなぁ・・・とか思ってたけど、最後のほうでわかった。
「ちびまる子ちゃん」に似てる。
あのダラダラ感をもうちょい尖らせたような感じ。
これで我修院達也の謎がとけたわw


驚いたのがキャスティングの豪華さ。
本当にちょい役で武田真治とか和久井映見、草薙君とか出てるし。
後は庵野秀明とかまんまアニメ監督役で出てたのは笑った。
庵野秀明といえば最近は車のCMにも出てるよね。どーしたんだろw


前に見た「血と骨」とは正反対の家族で見れる映画だったわ。


でもねぇ・・・血と骨以上に評価わかれるかもしんない。
最初にいったように核となるストーリーないしこれだ!っていう見せ場もないしな。
人によってはもちろんあるんだけどね。
オレだと書いた通りに「山よ」のシーンで爆笑したし、浅野忠信と中嶋朋子だっけかな? 昔、浅野が好きだったが他の奴と結婚してしまった中嶋朋子を見に行って話をするシーンとかもう浅野すげぇ!!って感じだったし。この人の演技は本当に凄い。

後はわかりやすいところだとラストのスケッチブックのシーンとかね。
あそこは万人にも受けやすいところだと思うし、純粋に感動できた。ここで我修院達也の印象が人によって違うと受け取り方がまた様々でおもしろいしね。



単純にオススメ!とは言えないけど最近、疲れてるとか田舎が山や田んぼだった人にはオススメ・・・かなぁ?w
石井克人のオリジナリティが受け入れられる人には問題ないかと。
スポンサーサイト
Posted by モン
comment:0   trackback:0
[映画
たまにある
映画

見たい見たい病が出てきた。

始めに血と骨見てみた。

前々から興味あって小説読もうかな~と思っていたのだがたけしが主演で映画化するということで読まずに待ってた。
まぁ、小説と映画は別物だってわかってるんだけどね(´ー`)y─┛~~
やっぱり小説先に見ちゃうとね・・・


事前情報はそれなりに持ってたんだが・・・
すげぇ親父だ!!w

本当にもうね・・・ひどすぎる。そしておもしろすぎる。
あーんなことや、そーんなことまでしちゃう。

世界とかすげぇ作られてるんだけどそれすらも親父の支配下って感じ。
たけしもけっこうハマってた。関西弁だけ違和感あったけどね。


実在した人物ってことで明確なストーリーとかはほとんどないんだけどそれがまたおもしろくて、本当にこの親父のためだけの映画だった。



オレはすげぇ心地よくておもしろかったんだけど、人を選ぶ映画だなぁ。
感想もたぶん千差万別だと思うし。


とにかくおもしろかったわ。
他の人の感想とか聞くとまたおもしろいかも。

オレはずっと(・∀・)ニヤニヤしてましたけどw



次はレイか茶の味見ます。
Posted by モン
comment:0   trackback:1
[映画
BT杯その二
というわけで

BT杯。
今回も見所が多々ありました。

やっぱりウルフに注目していたんですけど今回、目立ったのは8氏としま氏のウルフ。
8氏はとにかく的確で二択、二択とヒデオ氏とはまた違うウルフの強さを存分に発揮してた。
しま氏は前回のBT杯で魔人一家5タテしてたので注目していたのですが明らかに去年よりも強くなってて、まだまだ強いウルフ使いはいるんだなぁって感じだった。
8氏は的確に二択をかける、しま氏はゆっくりと自分のペースで戦う。どちらも強かったです。


後は今回のBT杯全般にいえることなんですけどアキラの強さが目立ってなかった。
関西ではイマイチ評価が低いアキラだけどBT杯ではどうなるかな?と思ってたがやっぱりアキラは前回以上の活躍は見れなかった。まぁ、太鼓部屋が負けたっていうのもあるんだろうけどね。

その代わりに特殊キャラのアオイ・ブラ・ベネら辺が目立って強かったなぁ。
ここら辺の使い手はそのキャラを使っている事自体が武器になってる。昔、オレがじじいを使ってた時も感じてたことだけど団体戦ではこれがけっこう大きい。
よく「あのキャラ対策できてねぇ・・・」とか言うけどそれは都内でバリバリやってる人たちくらいじゃないと解決できないと思う。ある程度の対策はできるだろうけど、特殊キャラって本当に使う人によっては全然違う。
わかりやすいのでは今回爆発していた珍・健一氏と板橋ザンギエフ氏がいいところか。全然、使い方が違うけどどちらも強い。

実力が均衡すればするほどこの辺が重要なんだろうなぁと思った。



今のところBT杯はVF4の最初から参加してて今回で4度目になるけどやっぱり感動という面においては一番最初に参加した時が一番だった。
静岡対関西というだけじゃなく、その二つのチームの歴史や事情などが試合からも見れてすっげぇおもしろかった。
思えば最初に参加したBT杯がああいう大会だったのは運が良かったと思う。


やっぱり大会で一番重要な試合は決勝戦。
それが今回、前回と続いて急造チームが決勝トーナメントに上がってるのがイマイチ盛り上がってない理由なのかな。もちろん、個人的にだけどね。
大仏パンチは前回まではもの凄い思い入れがあったけど今回は自分的にはくるものが少なかったし。
そういう意味だと原黒一軍もけっこういいチームだったよなぁと思えるわ。優勝してたらまたおもしろくなってたんだけど。


新宿・静岡・魔人・印旛。
現在、活動しててトップクラスのチームで感情移入できるチームはこの4チーム。だから応援してたのだが負けてしまった。
でも、負けてもなにか感じさせてくれるこのチームがやっぱり見てておもしろい。これからも頑張ってほしいなぁ。
という事、書くと自分がめっきり老けてるみたいやw

ま、個人の思いだしな。千差万別や(´ー`)y─┛~~



というところで今回のBT杯話は終わり。
参加者・スタッフ・関係者の皆様、お疲れ様でした。
また次回のBT杯を楽しみにしていますです。
Posted by モン
comment:0   trackback:0
[VF
BT杯その一
さて

BT杯が終わったわけですが。
詳細の方は広巻さんのブログを見てもらえればいいとしてここでは個人的感想をば。





いやぁねぇ、超悔しかった。
ホントに。



一回戦の松戸戦も大将やらしてもらって松平氏には勝てると思うたんだけどねぇ・・・その後の結果はどうあれあそこは勝たなきゃいかんわ。

二回戦はあそこであのラウを止めないと最悪のケースもありえると思ったし、とりあえず止めれば後はチームメイトを信頼してたんで任せられたから作戦通り。


そして、巴戦。
本当に悔しかった。
2連勝すれば決勝トーナメントいけたのに・・・
スワコスター氏・ヌキ氏ともに強かったけど、任されたからには勝たなきゃいけなかった。それが与えられたオレの仕事だと思うし。

正直、終わった後にみんなの顔見られなかった。
本当に「ごめん」という言葉しか出てこなかったわぁ。

でも、チームメイトは楽しかったと言ってくれてそれだけは唯一の救いかなぁとも思うけどね・・・


まぁ、なんにしろ横須賀純正では初の予選で初の一勝をあげれたんだし、そこそこの結果にはなるのかなぁ? しおしおの汚部屋もすげー頑張ってて良かったし。



なんというか単純にオレは力が足りなかったなぁと思う。
やれることはほぼやったし、緊張とかもほとんどなかった。
その点においては満足してる。チームメイトもベストの面子だったし。
ただ、負けたことが悔しいわ。それだけ。


来年のBT杯はどーなるかわかんないけど、また一年頑張っていこうと思っております。


最後にチームメイト、応援してくれた人たち、勝てなくてごめんなさい。また次回があれば違う結果になるようにがんばります。




というわけで今日は個人として自分のチームの感想。
次回はイベントとしてのBT杯の感想でも書く予定。
Posted by モン
comment:0   trackback:0
[VF
(つд`)
なんか

死ぬほど疲れた・・・

心身ともにボロボロです。

というわけで、BT杯話はまた後日。
Posted by モン
comment:0   trackback:0
[日常
さて
明日はBT杯だ

今日はアトランでバーチャすることにしよう。
みんなきてー。



誰もいなかったらスカンクとガチしよう。


というのも寂しいので誰か来てください。
大会やるらしいよー。カード貰えるかもよー。



でも、スカンクとはBT杯終わったらガチしたい所存。
最近になってやっとガチ対戦のおもしろさがわかってきた。
段位戦とはまた別。

 more...

Posted by モン
comment:0   trackback:0
[VF
第二段!?
現在、ガンガンで

鋼の錬金術師を連載中の荒川弘氏は・・・










女性









という事実にびっくりした。


は~、バトル少年マンガをこんだけうまく描けてる女性初めてみたわ。




まぁ、なんにしろ鋼の錬金術師はおもしろいということで(´ー`)y─┛~~
Posted by モン
comment:2   trackback:0
[漫画
ピーコピーコヽ(゚∀。)ノ
バーチャやりたくなった

ので近場の旧北久里セガへ。
相変わらず雅と遊んでみる。
リオンをメインにしたらしいので適当に対戦。
感想としては普通のリオンといったところかw リオン使いって差別化というか本当の意味で強くなるのが大変そうだな~と思ったりもする。頑張って欲しいものである。


すると偶然、大佐さんが現れたのでいろいろとトークしてみる。
カード関連の危ない話を教えてもらった。
はぁ~、いろいろとやばいことになってのねぇ。普通に楽しめてるオレは幸せものだわ(´ー`)y─┛~~
最終的にはウルフのワイドインディアンはかっこいい!という意見に落ち着いた。


その後はフェイトと対戦してムキムキさせておいた。
しきりに金返せ!って言われた(;´Д`)
セルフコントロール重要。己に勝て!


けっこう前から思ってはいたのだがスクリュー→ちゃぶ台がいまだに安定しないのってオレだけ?
まじオワットルわ。これができてないからプレッシャーが足りてない。
でも、完璧に出そうとするとスクリューガード後が弱くなるという駄目っぷり。
もーちょい練習したいだけどなぁ。家でできないのが悔やまれる。というわけで4kで安定したりする日々。


誰かがやってたけどスクリューガード後にロウ抜けって悪くない選択肢やな。えりまき先生とかハマりそうや。
いろいろとパターン作ってできるようになりたいなぁ。

ウルフ使ってる人はヒザをどう当てたらじゃなくスクリューを軸に戦術考えていったら強くなると思ったりもしたりしなかったり。
Posted by モン
comment:0   trackback:0
[VF
下妻ってみた
本当に

まーーーったく興味なかったが知り合いが
どーーーしても見たいというので仕方なく・・・


下妻物語


見てみた。

フェイト先生がリリース直後から興味示していて( ´_ゝ`)と思っていたのが、個人的にまったく触手が動かなかった。
理由は明快。


深田恭子が激しく苦手だから(;´Д`)


嫌いなんじゃなくて苦手。
これオレ的に邦画見るときにまずありえない。
主演が苦手な映画を見る・・・うーむ、ありえない。


だもんで、2時間退屈だなぁ。
とか思ってたらこれがなかなかおもしろかった。


演出とか最近ありがちだけどおもしろくて思わずクスっとしてしまった。
おぉ、悪くねーじゃん下妻!とか思ってたけど予想通りに後半ダレた。

それを差し引いてもなかなか見れたなぁ。
というわけでそこそこオススメできる。


でも、超見たがってた知り合いが見終わった後につまんないと言ってたのにちょっとピキっときた。
なんか女の子の友情が無性にムカついたらしい。
なんだそれ・・・orz


オレの目にはリズムと世界観、キャラで見る映画と映ったんだが。ストーリーとかないし。でも、おもしろかったんだからそこは評価できるだろう、と思う。

ピンポンでもそうだったけど荒川良々はいいね。
ピンポンのキャプテン役よりハマってた。


と、下妻物語を褒めてますが相変わらず深田恭子は苦手です(;´Д`)
Posted by モン
comment:2   trackback:0
[映画
やっと映画埋めれたよ・・・
久しぶりに

映画見た。
CUBEってやつ。かーなり有名らしいので今更だが(;´Д`)

横須賀VF映画同好会の三人で見たんだけど見終わった後に「ほぉほぉ」とまた微妙な感想をw
でも、見た後に「は~、すっきりした」じゃなくて「う~ん・・・」となってもおもしろい映画は久しぶりやったわ。
前に見たSAWがこれにインスパイアされてるっていうのは見た後に納得した。
どっちかというSAWの方が好みなんだけどね。

こういう終わった後に「はい、これはここで終わりです。細かい説明はしませんので後は自分で考えてください」って映画は嫌いじゃない。
でも、それを説明するために続編やらを作るとつまらないっていうのが映画だけじゃなくいろいろなエンターテイメントに共通した事実だと思う。



それでも、そういうのを見たくなるのも真情ということでw


某日記にも書いていた悪名高い「2」ですが先日、テレビでやってましたね。
オレはリネやりながら片手間に見てましたが。それで十分な内容だったなぁ。そもそもとして1でおもしろかったところが全然、なぞられてないビジュアルだけで見る気もなくなる。
お話以前の問題ということで・・・

んで、昨日はフェイト先生と「CUBE ZERO」を見ときました。
かなりのおバカ映画でした。いあ、これ褒めてるのよ?w
もーの凄い後付で、もーの凄い展開なんだけど最初からおバカ映画として見てれば納得できたと。

これをCUBEの正当なる続編でCUBE以上に楽しめる作品なんだ!と見てしまうと駄目です。つまらないです。
という作品でした。





CUBEしかり、ブレアヴィッチしかり、低予算映画でアイデア勝負の映画の続編に当たりなし。
SAWもそうなりそうで嫌やなぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。
Posted by モン
comment:0   trackback:0
[映画
ヲイヲイ
なんだよ

せっかくVF.NETに新アイテム出たのに・・・









ファイトマネーないYO!









誰か買ってくれ。











・・・パイのアイテム
Posted by モン
comment:0   trackback:0
[VF
半年ぶりくらいかな?
突発的に

アップル行った。
メンツはテンπ、スカ、フェイトという安定メンバー。
運転手はスカ。

ひーこら言いながら到着するとカツオさんがいた。
うーむ、凄い偶然や。他にも村人氏、ヒムラー氏、ひげ六氏、くるみちゃんとか。
金もねーので観戦メインかなぁと思ってたら突発的に野大会へ。
1勝2敗で横須賀チーム敗退。・゚・(ノ∀`)・゚・。

というかオレ勝ってねーし。
リストロックでねーし、まじオワットル。
その後の野試合もほとんど勝てなかった。・゚・(ノД`)・゚・。
皆様、強いわぁ。

でも、やっぱりあのレバーは・・・ごにょごにょ



というか今回のアップルはくるみちゃんとのトークが最高すぎた。
マジあの人と話すの楽しいわ。ネタが豊富すぎ。
また機会があればトークしたいわぁ。





大まかな感想としてはヒムラー氏強っ!
というかパイやばい。対策ある程度はできてるかと思ったけどまったくできてなかったなぁ。
66P+Kはどーしたらええの? ベストはローパンカットっぽいがただでさえ見慣れない技なのに66K+Gの存在が頭からはなれねーYO!ヽ(`Д´)ノ

ガードしてもなにしていいかわかんねーし、ヒットされてもどーしていいかわからん。避け抜けなのか?
そこら辺、Pさん教えてください・・・お願いしますorz


いやぁ、BT杯に向けていい課題になったわ
たまには突発的イベントいーもんやね。
Posted by モン
comment:0   trackback:0
[VF
黒猫情報当たった
BT杯




予選確定キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!





というわけで頑張ります。

カツオさんとかチャールズさんとBT杯では当たりたくねぇ~w






我がチームはエンターティナーゲム星人と変態ぽちに注目してください。
Posted by モン
comment:2   trackback:0
[VF
みくしぃ
ちょっと前に

えりまきからmixiに誘いをうけた。
うけたというかオレがやってみたいって言ったんだがね(ノ∀`)

アッサリとOK貰っていざやってみた。

うおぉぉぉぉぉ!!!!
なんだこれぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!


というのが第一印象w
とにかく想像を絶する世界だった。
わかりやすく言うと「激しい拒絶反応」がでた。

うーむ。
いろいろな意味で凄い世界だなぁと思った。
えりまきが「オレはmixiは合わなかった」というのが瞬時に理解できたわ。
このまま即辞めることもできた。

でも、なんだろ。
少し使ってみるとmixiの楽しみ方が少しずつわかってきた。
理解はできたけどそれが=自分が楽しいかっていわれると今でも正直・・・となるかもしれんが、前進は前進。

今までの自分の歴史からいって最初にヽ(゚∀。)ノウェっとなったものはよほどのことがない限り、そのまま突っ走れない私。
今回はどーなんだろうなぁ・・・

というわけでちょっとだけmixiを始めてみましたというお話w

細々とやってみるので興味のある方はそちらへどうぞ。
期間限定かもしれないよーw


言うまでもないがここはこのままでいくつもりです。
書きたいときに書きたいこと書いていく。
そのスタンスは崩さないつもりです。


それじゃあ、なぜちょっとだけ間があいたのか?

答えは簡単。
免許とって浮かれポンチになってたからさ(><)b

 more...

Posted by モン
comment:1   trackback:0
[日常
ちょっと前に
友達と

飲む機会があって適当にくっちゃべってたらマンガの話になった。


「最近、おもしろいマンガなくね~?」


けっこうこういう事を言う奴は多いのでその時は決まって

「新井英樹って作者のマンガおもろいですよ」

と、信者ぷりを発揮してるんだがこの友達がまた一癖あって
基本的に読むのは絶対的な少年マンガしか読まないという変なポリシーがあるらしい。

青年誌のマンガは絶対に読まなくて、読めないそうだ。
理由を聞いたら「(テーマが)メンドくさい」とかいいやがる。
まぁ、それは本人の趣向だしそれはそれでいいかなーと思う。

んで、逆に「今おもしろい少年マンガってなんですかね?」と聞いてみた。



「NARUTO」が最高におもしろいらしい。

いつもなら「( ´_ゝ`)」となるんだが、彼はマンガの読ませ方が凄くててその気にさせるのが抜群にうまい。

話によると少年や男を書くのがすげーうまいらしい。あと世界観が郡を抜いてるとか。
彼のフェイバリットマンガである「うしおととら」にこのままいったら匹敵するよと言う話。


そこまで言われるとあまのじゃくで通っているオレでも興味が出てくる。オレはうしおととらがそーとー好きだから。そして、彼のうしとらへの入れ込み度も知っているから。

・・・とまぁ、その後はずーーーっとうしとら談義でNARUTOの話はしてないんですけどね(´ー`)y─┛~~



NARUTOかぁ・・・
オレのNARUTOは第一話読んで「なにこれ! うしとらパクってるじゃん!」と叫んで終わってるからなぁ。


誰か読んでる人いない? 
Posted by モン
comment:2   trackback:0
[漫画
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。